連日熱戦中の新日本プロレス真夏の祭典「G1 CLIMAX 27」(7月30日(日)00:37〜 開幕戦がAbemaTVで放送)
の中にあって、リーグ戦外で予想外の盛り上がりを見せているのが、7月22日の後楽園大会での高橋ヒロムの
マスコット「高橋ダリル」をバッドラック・ファレが引き裂き「殺害」したことによる因縁の構図だ。

6月に登場以来、常に高橋ヒロムが抱きかかえたり、SNSでの仲睦まじい姿をアップし続けその「パレハ」ぶりに
じわじわと人気急上昇中だったネコのぬいぐるみ「高橋ダリル」だが、この日のバッドラック・ファレ&チェーズ・
オーエンズ&高橋裕二郎vs内藤哲也&高橋ヒロム&BUSHIのタッグマッチで放送席を襲撃した際にファレの
怪力に引きちぎられ、はらわたをぶち撒ける真夏のホラー劇場に観客からは悲鳴が上がった。

ここまでは翌日に控えた内藤哲也vsバッドラック・ファレの前哨戦の一悶着に過ぎなかったはずだが、この日を境に
すでにこの世にいないはずのダリルを抱えてリングイン。これにタッグパートナーの内藤哲也が呼応する姿や、
虚ろな表情を見せるヒロムにリング内外から追悼や励ましの声あがり、その声が海外まで飛び火、「#RipDaryl」の
ハッシュタグでツイッター上にさまざまなお悔やみ映像や画像が次々とアップされる事態に発展している。

この状況に敏感に反応したのは加害者のバッドラック・ファレだ、自身のツイッターで最初こそ追悼コメントの写真入りで
載せしおらしい姿を見せたかと思ったが、27日入りなんとファレが「Fxck That Cat Rest in Peace DARYL」と書かれた
Tシャツを作成し挑発。世界中のプロレスファンから非難の言葉がよせられ、便乗して販売することを示唆、炎上寸前だ。

最初の弔い試合になると思われた内藤哲也vsファレのG1公式戦は不覚にも内藤が敗れ、返り討ちにあうという最悪の
オチに終わったしまったこともあり、高橋ヒロムとバッドラック・ファレの「ダリル殺害」をめぐる因縁は「G1 CLIMAX」終了後、
次期シリーズにも飛び火しそうだ。もしかすると直接対決という禁断の果し合いが待っているかも知れない。ダリルの死後
なかなか口を開こうとしないヒロムの動向も含め要注目である。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010007-abema-fight

コメント一覧
茶番
珍日
プロレスでしょ
スレタイに演劇って入れとけ
わろた
オカダvs無敵の巨人ファレ
みたいなTVCMを一時期よく見たな
ダリルマスク誕生
そんで両手にドリル付けてファレを堀るといいよ
>>1
いつの間に新日がそんなくだらないことする様になってんだよ
新日は常にストロングスタイルじゃなかったのか?
>>5
一番最初に入ってるだろう