f:id:yu-za-mei:20141020204024j:image
 イギリスの5人組の轟音系ポストロックバンドの2013年6枚目。今の手持ち(3枚目以降)の中では一番好きなアルバムかもしれない。打ち込みの目立つMogwaiというか、時々攻撃性になりつつ基本は綺麗系の轟音をかき鳴らっぽさのある軽いスネアの音が特徴的で、シンセをガッツリ取り込んできた前作『Age of the fifth sun』と方針自体は同じものの、テンポの速い曲もあったりと比較的曲調のバラエティに富んでいて、綺麗系一辺倒だった印象の前作よりも4th『God is an astronaut』に戻ったような印象。このバンド自体大曲志向はあまり無いんだけど、5分切っている曲がほとんどで1曲1曲がコンパクトにまとまっているのも本作の特徴だと思う。