こんばんわ。

 

 

今回は『コントロール』についてです。

 

 

よく

「球は速いけど、ノーコンだな」

「あそこでフォアボールを出さなければな〜」

「先頭バッターにフォアボールを出す時って絶対点が入ってるよな」

「打たれていいよ!打たせろ!」

 

 

と言われる、ピッチャーの人も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、ピッチャーもファアボールを出したくて出しているわけではありません。

 

 

では、なぜ『コントロールが良い人、悪い人がいるのか?』

 

 

原因はたくさんあると思います。

 

 

今回は、そのいくつか考えられる原因を紹介したいと思います。

 

 

腕が縮こまっている

 

これは一番多くに見られるケースです。

 

 

テイクバックや、リリースがいつも違うのです。

 

 

原因は、『選手が萎縮』していることが確率としては高いです。

 

 

なぜそうなるのかというと、

「もうこれ以上フォアボールを出すと監督に怒られる・・・」

「野手のみんなになんて言われるか・・・」

「帰ったらお父さんの説教だ・・・」

 

 

こういった経験がある選手はコントロールを乱しやすかったり、ひどい時は

『イップス』になります。

 

 

選手を叱る時は、選手をどこまで叱れるのか、どのように接すればいいのか?

 

 

これを指導者や、保護者は考える必要があると思います。

 

 

下半身が弱い

 

シンプルに、下半身が弱い選手はやはりコントロールが良くないです。

 

 

よく言われるのが、

「試合を壊した選手は罰走」

「走り込みが足りない」

 

 

と言われます。

 

 

では、マラソン選手はみんなコントロールが良いのでしょうか?

 

 

答えは、ノーだと思います。

 

 

単純に考えて、投げ方を知らないから。

正しい投げ方を知らないからです。

 

 

過度な走り込みは疲労骨折の原因にもなります。

 

 

オススメは、30Mダッシュです。

 

 

知り合いの元日本代表の人も30Mダッシュを繰り返して強くなったといっています。

 

 

itomatsu-baseball.hateblo.jp

以前の記事でも触れたように30Mタイムと投球スピードは比例していますし、

下半身の”キレ”を出す意味では長距離走よりも短距離走の方が適しています。

 

 

体重移動のトレーニング

 

最後に考えられるのは『体重移動ができていない』

 

 

ということが考えられるのではないでしょうか。

 

 

体重移動とは、ボールに力を伝える上で一番重要ではないでしょうか。

 

 

球の力にしろ、スピードにしろ

 

 

何よりもコントロールが大きく影響します。

 

 

重心が少しでも後ろに残っていればボールは上に抜けます。

 

 

そのため、しっかりステップ脚に体重を乗せ、ボールに力を加える必要があります。

 

 

そのために必要なトレーニングを紹介します。

 

 

フロントランジで体重移動を覚える

 

前回の記事を見てくださった人からしてみれば、

「なんだよ、また同じトレーニングかよ」

 

 

こう思うでしょう。

 

 

しかし、待ってください。

 

 

一つのトレーニングで足が速くなって、コントロールが安定したら・・・

 

 

そんな夢のようなトレーニングを軽視するなんて私にはできません。

 

 

家でもできますし、高校生にもなればウエイトを担いでもいいです。

 

 

ポイントは前回の記事にも書いてある通りです。

 

itomatsu-baseball.hateblo.jp

 

 

私なら、トレーニングプログラム(メニュー)を作るとすると。

 

 

①軽いジョギング

②フロントランジ10回3セット

③30mダッシュ10本

 

 

この、プログラム(メニュー)を作ると思います。

 

 

もし、コントロールを良くしたい、足を速くしたい、ついでに球も速くしたい

と思ってたらまずはこのトレーニングに取り組んでいてください。

 

 

最後に

 

ピッチングは、下半身の動きでコントロールが決まります。

 

 

その、下半身を利用できれば、エースになる可能性も出てくるかもしれませんね!

 

 

体重移動ができると、コントロールの安定、球速アップ、そして、自然と言い投げ方ができるようになるので

 

 

怪我しない体になります。

 

 

怪我をしない選手こそ一流です。

 

 

まずは、フロントランジ騙されたと思ってやって見てください!